錆を無くしたい

古い書類を整理し始めて、すぐに購入した物があります。それが、錆びにくいホッチキス針。近所では売っていなかったのでネットで注文しました。ステンレス製で、多く売られている鉄製の物に比べると錆びにくいという話でした。

このところ格闘している書類って、ごく最近の物から40年以上前の物までありまして、保管状態にもよりますが、20年超えではほとんどのホッチキス針が錆びてしまっています。でも、データ化して廃棄する物は、印刷部分に被ってさえいなければ、特に問題ないです。針を外す時にバラバラと錆の粉が落ちてくる;のが衛生的ではないですが。対して、原本が必要な物は扱いに困ります。表面的な段階では消しゴムやティッシュペーパーで軽く擦ってみたりしますが、あまり取れませんし、針の周辺がシミのようになってしまうともう、お手上げです。

ホッチキス針に限らず、鉄を含んだ物はどうしても錆が出てきますね。2穴ファイルやレバーファイルも、かなり古い物は挟んだ紙が茶色くなっていました。ゼムクリップも、それはそれは悲惨なお姿になっていたりします。

そのままにしておけば、どんどん酷くなっていくのは目に見えておりますので、なるべく汚れの無い状態で長期保存すべく、ポケットファイルやクリアホルダーを100円ショップで買い込んできました。2穴が開いている紙はプラスチックの書類とじを使ったり、毎年届く納付書の類は仕切りが付いている書類ケースやファスナーケースを活用してみました。

ホッチキスも、針を使わない種類がありますし、実際、現物と綴じた紙を見せてもらった事もありますが、用紙の綴じる部分に切り込みが入りますし、綴じられる枚数が少なかったり、外れやすかったりで、今の所、使っておりません。圧着式で穴が開かない種類は、ちょっと気になりますが、5枚ぐらいしか綴じられないらしく、用途が限られそうです。

で、全部のホッチキス止めを無くしたかと言うと、そうでもないです。公的な機関へ提出する物等、どうしてもホッチキス止めしなければならない書類がありますし、小さな領収書を簡単にまとめられたり、やはり便利ですので。どうにか錆びないようにできないかと調べたら出てきたのが先のステンレス製の針です。お値段は鉄製の約2.5倍でしょうか。でも元が100円ぐらいで買える物ですから、錆びてしまった後の手間を考えたら惜しくはないです。

それにしても、紙の整理って、一日かかってデータ化し、やっと戸棚が3cm空きましたーとか;ほんと時間がかかります。よくテレビ番組の断捨離の特集なんかで、大量の紙を束ねて、まぁすっきり、みたいなのがありますが、私は別に物を捨てられない人ではないので、今まで何度も大片付けをしているせいもあって、ざっざと仕分けして捨ててしまえるようなどうでもいい物は無いのです。時間が経って要らなくなった物を、必要な情報だけスキャンしてシュレッダー。手間も時間もかかりますが、きちんと分類されて見やすくなったファイルを眺めると、片付いてるっていいなぁとしみじみ思います。

シュレッダー

サブPCが書類のスキャンに大活躍というお話をしましたが、現在、原本を保管しなくてよい書類のデータ化を進めております。スキャナーで取り込んだ後、紙の書類は処分していくのですが、個人情報を含んでいるので、そのまま紙ゴミとして束ねられません。そこで登場するのが、シュレッダーです。

最初に近所のホームセンターで購入したハンドシュレッダーは、小型で投入口も狭く、A4用紙は二つ折りにしても入らない、折らずに入るのはハガキぐらいで、切れ方も縦にざーっと細長く切れるだけでした。まぁ、若い頃はそんなに重要書類も無かったし、それで済ませていました。

しかし、中年になるとそうは参りません。保険の契約書、名簿など、ただ細長くしただけの状態で捨てて、運悪く悪用でもされたら一大事です。また、捨てる量も増えてきます。いちいちハガキサイズまで小さくしてから細断なんてまどろっこしい事やっていられません。

という事で今、使っている製品は、A4サイズの紙が縦に入り、細断はクロスカットで、2cm強×3mmの紙片になるハンドシュレッダーです。このシュレッダー、紙用の他に2つ、投入口がありまして、CD等のディスク・カードもざっくり何分割かになります(あまり細かくはなりませんが)。結構、使い勝手が良いです。

一応、家庭用の電動シュレッダーなんて物もあるにはありますが、連続で10分使ったら30分、休ませなければならない制限付きなので、山積みの紙束を処分したい時など一向に進まない、となります。手動なら何時間でも連続使用可能、次の日、腕が筋肉痛になるのを気にしなければ何の問題もなし!電動はハンドルを回す体力が無いとか、片付けながら時々使うといった場面で活用すると良いかもしれません。

手で回すと紙の厚さによってハンドルの重さがだいぶ変わります。コピー用紙も種類によって、すごく軽く回せる物から、刃がすぐ詰まってくる物と、だいぶ差があります。官製ハガキや標準の名刺は重いけど、刃に絡まりはしないので切れますが、時々、特厚口の名刺があって、それはもう力は要るし、きちんと細断できず名刺サイズのまま穴だらけの紙となって出てくるし;結局それをハサミで切り刻む羽目になったりして。高級厚口紙は捨てる時は意外と困ったちゃんなのでした。

ハンドシュレッダーを使っていて、少々、不便に思うのが、紙片を溜めるケースが小さくてすぐ一杯になってしまう事。これはたぶん私の使い方が想定外かと。メーカーの方も、こんな家庭用の手回し機で一日に何百枚も細断するとは思わないでしょうから。(苦笑)

(2017/05/30 追記:画用紙のような厚紙はハンドシュレッダーでは無理でしたが、電動ではサクサク切れました。あくまで我が家にある機種での話ですが、ご参考までに。)

古ネズミとおさらば

自分で言うのもなんですが、物持ちが良いわけです。特に精密機器は傷ひとつ無いまま何年も使い、バッテリーの製造中止等でやむなく新製品へ乗り換えるというのがいつものパターンです。

Windows XP搭載の私のサブPC、インターネット接続はしませんが現在も現役バリバリでして、最近は書類のスキャンに大いに活躍してくれています。そのPC用のマウスがどうにも使いづらい。これ、かなり古い物で、PS/2ポート接続のボールマウスです。はい、USB接続ではありません。ましてやワイヤレスでもありません。サブPCにはPS/2ポートが2つありまして、キーボードもPS/2で繋いでいます。

以前は起毛素材のマウスパッドを使用していたので、普通に使えていたのですが、布のようなマウスパッドは埃が付きやすく、手が痒くなったりするので、普通のビニール?製に替えたのですね。そうしたらメインPC用の光学式マウスでは普通に位置を読み取りますが、ボールマウスだと表面がツルツル過ぎて、うまくポインタが動いてくれません。

そこで、水拭き出来る板状の物をいろいろマウスの下に敷いてみて、ボールとの相性をテストしたところ、廃棄予定だったポケットファイルのプラスチック製の表紙が一番、いい感じの摩擦が生じてくれました。

もともと捨てるつもりだったので、これを今のマウスパッドと同じ大きさにカッターでカット。角の丸みはカッターでは綺麗にいかなかったのでハサミで。形はマウスパッドになりましたが、このままだとただのプラ板ですからマウスを乗せて動かすと板ごと机の上を滑ってしまいます。何か裏に滑らない物を貼らねば。と、思いついたのが100円ショップで売られていた合皮シート。部屋の隅で使われずにいたので少し頂いて裏張り。ボンドではみ出さずに貼る自信が無く両面テープで貼ったため、プラ板側からテープが透けて見え、あまり美しくはありませんが、実用に耐え得る物になりました。

その数日後。家族の不要品箱の中に、何やら銀色に輝く物が。引っ張り出してみると、新品同様の光学式マウスです。これ、要らないの?と聞くと、気に入らなかったのでほとんど使っていない、欲しいならあげるとの事。入手経路は忘れたそうで、そんなに高そうではありませんが、名の通ったメーカー品ですし、小さめで私の手に丁度良いサイズです。試しにサブPCに挿して使ってみたら、ホイールが音も無く回転して使い易そうでした。

そうなると無理して古いボールマウスを使い続ける理由もありません。可哀そうですが、さよならすることにしました。不燃物でしょうけど、外側はプラスチックなので、とりあえずドライバーセットを出してきて分解。基盤とコード、ケース、ボールに。ボールが汚れていたので洗ってみました。意外と綺麗な黒い球体になったので、机の上を転がしてみました。なんか楽しい。子供の頃、スーパーボールで遊んだ時のようです。これ、何かに使えませんかね?

目を労わってみました その2

もう1月末ですが、今年もよろしくお願いいたします。年始は元日にお雑煮を食べたぐらいしか正月らしい事をしなかったので、そー言えばもう2017年だっけ、な感じです。

前回はブルーライトについて書きましたので、今回は紫外線について。眼科では当然、紫外線にも気を付けなさいと言われます。で、気を付けるにはまず、どのぐらいの紫外線を浴びているかを知らねばなりません。という訳で、紫外線量を測る事にしました。

まず、「紫外線 測定器」で検索。かなりの種類が出てきました。何万円もする物から千円ぐらいの物まで。何個か詳細ページを読んでみましたが、性能、精度の違いを理解するには時間を要する印象です。正直、値段差と種類があり過ぎて、選ぶ気が失せました;

紫外線の影響に関するレポートでも書くのであれば、ごっつい測定器を買ってもいいかもしれませんが、こちらは目の保護のために大体の強さが分かればいいだけなので、もっと簡単、かつ持ち運びに便利なほうが有難いです。

そこで、紫外線の強さによって色の変わるタイプのチェッカーを探す事に。以前、ロフトで売られていたのを買おうかどうしようか迷った覚えがあるので、そういうグッズがあるのは存じておりました。私が見たのは携帯アクセサリーでしたが、調べたら他にも、ブレスレットなどが出てきました。

お値段も安く、数百円からありますので、親と自分用に購入しようと見ているうちに、ちょっと気になる商品を発見。製品ではなく、パーツを売っているお店が。大きめのビーズがひと粒、15円。しかも蓄光にもなっていて、光にしばらく当てた後、暗い所へ持っていくと緑色に光る。なんだか面白そう。

貧乏性の私は、手持ちのアクセサリーパーツと組み合わせて適当に何か作ればいいじゃない?と、早速、何粒か購入。すぐに届いたので窓際で変色具合を確認します。おぉ、直射日光でもないのに、色変わった!そして、いそいそと部屋の暗がりへ。うん、光ってる。ぼんやり蛍みたいに。

うちはUVカット率 90%以上のレースカーテンを設置していて、その内側では色は変化しませんでした。きちんとカットしてくれているようです。良かった良かった。

十分に機能が確認できた所で、キーホルダー型や携帯アクセサリー型の吊り下げられる物を ウッドビーズや金具と合わせて組み上げました。これで外出先でも、お店の窓がUVカットされているか分かりますょ。

紫外線チェックの準備ができた所で、対策を考えます。室内に関してはカーテンの他に、窓に貼るシートフィルムがあり、簡単なのになると、水も糊も要らず、貼るとぺたっとくっつき、貼り直しも可能です。全ての製品が商品説明通りのカット率になっているとは限りませんが、うちが購入した数種類は少なくともかなりの紫外線を防いでくれているようです。

屋外はサングラス等で防ぐしかないですかね。私の眼鏡はUVカットですが、レンズが小さいので周りから結構、入ってきているかもしれません(汗)。ま、帽子か何かで補うとしましょう。

目を労わってみました

前から気にはなっていたのですが、先日、親の付き添いで眼科へ行った際、「仕事でパソコンを使う人はブルーライトに気を付けなさい」と言われてしまい、この機会に対策するか~と、重い腰を上げました。

パソコンのディスプレイは、そのうち買い替える予定で、今のサイズにあったシートなど購入する気がしないので、応急措置としてディスプレイ本体の設定で青の明るさを下げ、赤、緑を多少調整しました。全体に黄色っぽい感じ。画像を扱う時はもちろん、こんな設定ではできませんので戻すつもりですが、最近、グレースケールで書類をスキャンしたり、Excelで表を作成したりと、色が変でも構わない作業が多いので、特に困っていません。

次にテレビ。こちらはなるべく色味が変わらないようにと、ちょっと高かったですが、約4,000円で 42.95% ブルーライトカット液晶保護パネルなる物を購入。うちのテレビは20インチとわりと小型なので、取付も簡単でした。色の違いは、ほとんど気になりません。テレビと同じ光沢タイプで正面から見れば印象は変わらず、上から見ると引っ掛けている透明な突起物が少々、目障りかなとも思いますが目のほうが大事です。カットしているといっても半分以下ですから、長時間、観ないに越したことは無いですけど。

最後におまけというか、愛用のガラケーにも一応対策を。100円ショップで iPhone5 用として売られていたブルーライト 32%カット液晶保護フィルムを購入。ガラケーの液晶サイズに合わせてカッターで切り、ぺたっと貼り付け。糊なしで吸着するタイプで貼り直しできます。こちらは安いこともあってか、それなりに黄色っぽいのと、フィルムの透明度が低いので若干見えづらいですが、携帯ではメール、電話、たまにワンセグぐらいなので、許容範囲です。

どれも特にお勧めという事も無いですが、気になる方は参考になさっていただければ幸いです。

明日は大晦日。私は今年、ドタバタひたすら落ち着かない年でした。皆さまにおかれましては、良い年をお迎え下さい。

ディスプレイ

リニューアルを機に、カレンダー壁紙のサイズを大幅に増やしましたが、当の本人はどんなのを使ってるんだと言われると、これが 今は無き さくらや新宿東口パソコン館で2006年に購入した17インチモニターなわけです。当時、4万5千円ぐらいしました。文字の大きさ等、その頃に主流だったサイズの中では17インチが一番、私には見やすかったので。

で現在。画面、小さいです;何が困るかって、Webの横幅が当時は700px台が多かったので特に不便なこともなかったのですが、今は1000pxを超えていたりするので、PhotoshopでWebデザイン全体を原寸で見られない。先日、幅1000pxのメインビジュアル作成を頼まれた時は、通常、右に配置しているパネルを全て下半分へ移動させて、上半分を使って作業しました。

次に買うとすれば、少なくとも 1920×1080 ぐらいは欲しい所。ただ私が愛用しているメーカー:三菱は、パソコン用ディスプレイ事業から撤退してしまったんですよね。さて、どこが良いのやら。

まだしばらくは家の用事にかかりきりな感じなので、本格的に必要になってきたら検討してみようかと思います。まだ他にも家電とか買い替え予定が目白押し;

2017年 カレンダー壁紙公開

私にしては早めに来年のカレンダー壁紙をアップいたしました。デザインは今年と同じで、文字の位置を調整した物もあります。ダウンロードファイルは売り切れとかありませんから、実際には年末年始に探す方がほとんどだと思いますが、検索エンジンに反映されるのに時間がかかるので、直前という訳にもいかないです。もちろん、今年の壁紙もまだ置いてあります。

作っていて思ったのが、来年は土曜の祝日が多いなと。土日休みの方には嬉しくない暦かもです。

旧サーバが存続中

9月29日に無くなる予定だった旧サーバですが、実はまだ稼働しています。私は9月26日に全ファイルを削除し、新サービスへの移転通知に切り替えましたが、同日に発表があり、サービス終了を11月10日に延期したとの事です。理由として「お客様の移行状況を鑑み」とあるので、皆さん、忘れていたり放置していたりしておられるのでしょう。当サイトにおいては、完全に移転完了しておりますし、検索エンジンの余計な検索結果も減ってきたので、特にどうこうすることもございませんが。

SEO

移転元のページが消える日まで、ひと月を切りました。サイト移転というのは、そんなに頻繁にある事ではございませんので、この機会に検索エンジンの動きを観察してみようと思いまして、旧URLから転送を開始した先月初めから毎日、GoogleとBingの検索結果を記録しております。YahooはGoogleと大体同じなので省略。

本気でSEOをやるなら、Googleアカウントを作って、ウェブマスターツールでsitemapを登録、Search Console でクロール確認もして、となるのでしょうけど、諸々の事情で今回はそれらのツールは使わず、検索ロボット巡回任せの待ちSEOに挑戦です。

8/1 に旧ページソースにcanonicalタグを追加し、移転先が正規ページですよ~と表明したものの、初めは新旧両方のURLが表示されてしまったり、なかなか上手くいかなかったですが、転送までの秒数を調整したり色々試しているうち、やっとGoogleで主要ページが新URLだけになってくれました。Bingも幾つかは換わりましたが、転送と同時に削除した筈のページが急に表示されるようになったり、謎な動きをしています。検索順位はどちらもそれなりに引き継がれたようです。

検索キーワード欄にsite:ドメイン と入れると、そのドメインでindexされているページが調べられるので、それも観察していたら、Googleでは8/10に新URL全ての66ページがindexされました。Bingは現在 24ページ。うーん、地味に健闘中;じわじわと拾ってくれているようです。

困ったのが、画像検索。Web検索のようには移転が反映されないです。特にBingは毎日のようにbotが旧→新と転送されて来る割に、全然、新URLの画像を拾ってくれません。試しに旧の壁紙画像を全部削除してみたら、2日後には「・・・がこのイメージを削除したか置き換えました。」と元画像が無いのを把握はしてくれましたが、まだそのまま結果に出てきます;

更に厄介なのが、他サイトに(たぶん自動で)拾われた画像です。直リンクしているらしく、画像URLはうちの旧サイトなのですが、「ページを表示」のURLが他のサイトになっていて、とあるURLはそのページから一瞬後に壁紙と全然関係のないショッピングサイトへ転送されてしまうという;お客様を混乱させるようなリンクがうちの画像からなされてしまっているのは困ります。

今月末には画像だけでなくページも消えます、というか消されますので、様子を見ながらまた対策を練ろうと思います。現在のメインコンテンツ、カレンダー壁紙目当てのお客様が増える年末年始へ向けて、スムーズなアクセスを確保せねばです。

本日 移転日

月初でキリが良いので 2016/8/1 旧サイトを移転通知に切り替えました。旧日記は9月下旬まではありますので「アトリエ つーき 日記」で検索すればご覧いただけます。移転の経緯をお知りになりたい方はどうぞ。

旧サーバは .htaccessもPHPも不可なので、移転の際にGoogleが推奨している 301 リダイレクトが使えません。refresh で転送しているので検索エンジンが適切に移転を認識してくれるかどうか分かりませんが、まぁ、そのうち検索ロボットもお馴染みさんになってくれる事でしょう。