布団乾燥機

少し前に掛布団を買い替えました。羽毛の掛布団を使っていたのですが、カバーを交換する度に、羽毛が飛び散る飛び散る;;高級品ではないものの、安物でもないと思うのですが。何年もこの状態で、それでも使い続けていたのはやはり暖かいからと、天然の羽毛の柔らかさが気持ち良くて。

やっと買い替えに踏み切ったのは、その羽毛が飛び散る問題よりも、カバー&シーツ交換の作業時間をどうしても短縮したかったから。普段、布団を干すのが難しいので、カバーを交換する時に敷布団(綿わた)だけアイロンを掛けて水分を飛ばしていたのですが、これが結構、時間がかかります;両面を掛けるのでひっくり返したりして夏は汗が出てくるし。アイロン掛けを止めて布団乾燥機を導入したかったのです。機種によっては羽毛にも対応しているようですが、羽毛は熱に弱いとあったので、あまり良くないかなぁと。

新しく買った掛布団は、わたが大手メーカーの化繊、側が綿100%で高密度生地という物。高密度生地というのは、寝具に使われる種類の場合、細い糸を高密度に織って繊維の隙間を小さくし、ダニ等が通過しづらいようにしてある生地だそうです。うちで使っている布団側やカバー、シーツは全部これ。薬品を使用したダニ避け商品より安心かと。

化繊の他に羊毛や綿わたもありますが、羊毛は苦手で、綿は私には重すぎて。化繊は蒸れて使えないかもしれないのを覚悟しつつ購入。羽毛布団に使っていたカバーの内側に張り付いた羽毛を念入りに粘着クリーナーで取り除いてから新しい布団に被せて、掛布団を交換。

さて、寝心地は…暖かさは羽毛よりは劣りますが、まあまあ寒くはないです。(この時はまだ春で夜は寒かった)重さはちょうど良いです。ただ、わたが硬めなのか、体との間に隙間が出来ますね。もっと柔らかい化繊わたもあると思うので、これは私が選んだのが、たまたまそうだっただけだと思います。一番心配だった蒸れは、気になりませんでした。側が綿100%だから?

布団も交換したし、肝心の布団乾燥機選び。マット有りと無しがありまして、以前、使った事があるのはマット有りでした。でも布団一杯にマットを広げて、終わったら畳んでが面倒で、電気代もかかるし、その頃はたまに干していたので、あまり使いませんでした。毎回使うなら簡単なほうがいいので、今度はマット無しを選択。特にこだわりもありませんが、消臭機能も付いているようです。

さて、布団乾燥機を購入してから初めての布団カバー交換。いつもの工程からアイロン掛けを省き交換は終了。乾燥機を段ボールから取り出し、取説を確認。冬と夏で運転時間が異なり、冬は乾燥だけで完了、夏は乾燥+送風で時間が長くかかるようです。うちのだと1時間強。準備としてはホースを伸ばし送風口を布団の中にセットし、掛布団を掛けて、掛布団の真ん中をつまんで膨らませて温風が隅まで届くようにしてから運転ボタンを押すだけ。低めのゴーっという音がしますが、うるさくはありません。本当に暖まっているのか気になるので、布団の中にそっと手を差し込んでみて、「うん、あったかい」と後は放置。時間はかかりますが、放っておけばいいのでアイロンよりはかなり楽です。

ちなみに、カバー交換の時以外に使っても全然構いませんが、私は送風口やホースが汚れたら嫌だなと思ったので。人によっては冬に毎日、寝る前に布団を暖めたりするようです。暖めだけなら、うちのだと20分。他に衣類や靴の乾燥も出来るようです。梅雨時には便利かもしれませんね。