真珠ネックレスの糸替え

だいぶ前から親に頼まれていた事がありまして…。「真珠のネックレスの糸が伸びてしまったので替えてほしい。」えーっと、確かにアクセサリーは、たまに作ったりしますけど…真珠かぁ、あれはちょっと難しいんですよね。使う物とか、通し方とか。

普段、私が使うアクセサリーパーツって、高くても1連が数百円の天然石や100均でも売られているウッドビーズ等なのですよ。本真珠のネックレスなんて高い物では何万もするし、礼装用だし。天然の真珠は摩擦や汗に弱くて、大変デリケート。「お店で替えてもらったら?」と及び腰になっていました。

最近、自分のアクセサリーを整理していて、そういえば、これ、使った事無いなと引っ張り出してきたのが、6mm?の貝パール1連ネックレス。冠婚葬祭用にと親がくれた真珠ネックレス2本のうちの一つです。いつも法事で身に付けているのはもう一つのほうで、たぶん7.5mmの貝パール1連。長さ、粒の大きさもちょうど良い。一方、6mmのほうは私の首には短すぎ。

このまま使わないのも勿体ないと思い、長さが合わない事を親に説明し「礼装用にはならなくなるけど、アレンジして普段使いにしてしまってもいい?」と許可を取った上で、ガラスパールを足して長くする事に。もし上手く出来たら、親の本真珠の糸替えもやってみるから、と。

さて、まずは何を使うか。昔は絹糸が一般的だったそうですが、切れやすいので、まめに糸替えが必要になる。ワイヤーも使われますが、形がきちっと決まってしまって、首に沿ってくれない印象があって、私はあまり好きではない。調べていくと、GPTというポリエチレン製の強力糸というのがあるそうで、それを使う事に。近所で売っていなかったのでネット通販で購入。

次は糸の通し方。以前、テレビで詳しくやっていたのを録画したので、改めて観てみました。真珠の糸の留め方には、数ヵ所のみ結び目を作る方法と、オールノットという、全ての玉の間に結び目を作る方法があって、録画した番組のはオールノット。私のネックレスを見てみると、金具に近い部分のみ結んである。そこでネットで幾つか解説ページを読み、何となくやり方を把握。

真珠ネックレスは並び順も考えて作られているらしく、糸替えは元の順番通りにやらなければならないそうで。プロは連台と呼ばれる作業台に真珠を並べていくそうですが、そんな物ありませんから、起毛のタオルを敷いて、外した真珠が転がらないように注意しながら作業。

今回は中央にガラスパールを足すので、いきなり糸を通すのではなく、まず珠の数を数え、テグスに仮に順番通りに半分を通し、ガラスパール何珠をどの配置で足すかを試行錯誤してから、残り半分をまた順番通りに通し、長さを確認。その後、糸で本作業へ。と、ここでトラブル発生。事前に購入したビーズ針が真珠の穴に通らない;

糸は2本取りで、初めは通るのですけど、結び目を付ける部分までは折り返してやるので4本になる訳で、その2本を通してある穴に針が通らない。穴の小さい真珠でも大丈夫と書いてあった太さの針なのですが、使う糸の太さにもよるのでしょうか。困った、また買うのもなんだしなぁと、手持ちの縫い針を物色。一番細い物が、若干、ビーズ針より細かったので、それで試すと何とか通りました。後は単純作業で完成。

今度は親の本真珠。何十年も糸替えしていないそうで。状態を調べると、金具も変色していて、金具に通した部分の糸が両方、切れかかっていました。

ついでのオーダーで、少しだけ短くしてほしいという。私のは珠の大きさが均一なのに対し、親のは下に行くに従って珠が大きくなるタイプ。ですので、短くするなら左右から同じ個数、同じ位置のを取らないと大きさがおかしくなる。親の首で長さを試したら、長すぎるのはほんの少しだったので、左右1粒ずつ除く事に。本当は一番、金具に近い小さい珠を、除きたかったのですが、もっと下にやたらと穴の小さくなっている珠があり、仕方なくその位置を左右除く事に。

作業していって分かったのですが、ずっと糸替えしなかったので、何かが穴に詰まっていて、糸からなかなか抜けない珠が幾つかありました。何とか抜けても穴が小さくなっているので、そのままでは新しい糸を通せません。仕方ないので、あまり良くないかもしれませんが、針先で穴の中をカリカリつついてみたら、白い粉がパラパラ落ちてきて、糸が通るようになりました。本当は金具もきれいにしたかったのですが、小さい飾り真珠が付いていて、洗剤を使って良いか分からなかったので、眼鏡レンズ用のクロスで磨くに留めました。見違えるようにはなりませんでしたけど、替える前よりは長さもちょうど良く首に納まりました。

糸がまだ余っているので、そのうち自分の冠婚葬祭用のも替えようと思います。ちなみに親がジュエリーショップで糸替えの値段を聞いたら、そのお店では3,000円ぐらいと言われたそうです。