洗剤の要らないスポンジ

水の冷たい時期は手荒れに悩まされる人が多いと思うので、私のお気に入り台所用品を一つご紹介。マイクロファイバーキッチンスポンジという物です。マイクロファイバー(超極細繊維)を使ったこうしたクロスはわりと売られているようですが、私は眼鏡拭きとタオル以外で使ったのは初めてでした。

家族で大型ショッピングモールに行った時、ふらっと入ったoff&onという雑貨屋で「水だけで汚れが落ちる」というポップに親が興味を示し購入。「あなたも使ってみなさいよ。」と5枚セットのうち2枚をくれました。お値段は5枚で150円(税抜)。

スポンジという商品名ながら、フカフカした、いわゆる台所用スポンジとは違い、大きさはポケットティッシュぐらい、厚さは5mmぐらい?布製の鍋敷きか、厚手の布製コースターを小さくしたような感じ。まだ1枚目を使っていて解体した事が無いので推測ですが、シート状の薄い普通のスポンジを2枚のマイクロファイバー布で挟んで端をぐるっとミシン掛けしてあるような?

使い始めたら、これが便利で。油の付いた皿もお湯でさっと汚れを流してから、これで軽く擦るだけで、キュッキュと簡単に油が取れるのですよ。大きさも手の平サイズでちょうど良いし、適度に吸水性もあるし。使った後は、よく洗って絞って立て掛けておけばカビたりもしないし。

これを使い出してから、食器用洗剤の使用量が激減しました。缶詰の缶や鍋の極端な脂汚れはクリームクレンザーを少量使いますが、液体洗剤はごくたまにタワシに付けて使うぐらい。洗剤を買いに行く手間が省けて良いです。

洗剤を使っていた頃は、綿手袋の上からビニール手袋をして洗っていて、お湯で蒸れて、洗い終わると綿手袋が汗で湿って気持ち悪い思いをしておりましたが、今はほぼ素手で済んでいます。

普通のスポンジはすぐ変色してきますが、これはそんな事も無く、1枚を何ヶ月も使っているのでコストパフォーマンスは高いかと。トマトソース等は色が付き易いので、よくお湯で流してから使えば長持ちすると思います。