炊飯器 買い替え

予定では、来年のカレンダー壁紙を今月アップするつもりだったのですが、10月も下旬だというのにまだ、来年の祝日が正式に決まっていない為、臨時国会での法案成立待ちです。

さて、耐用年数を超えていると思われるのに、なかなか買い替えられなかった物に炊飯器がありまして、とうとう新しくしました。1年以上前からテレビの新製品情報番組をチェックしたりしていましたが、どうしても決まらず。

理由は、今まで使ってきたのが、超厚釜に分類されるであろう物で、近所のスーパーや家電量販店で、それに匹敵する品を置いていなかった、と。厚釜と書いてある商品を実際、触ってみると、「これのどこが厚釜?」と思ってしまう訳です。ちなみにそんなに高級機種を使っていたのではなく、IHですらなく、いわゆるマイコンジャー炊飯器と呼ばれる物だったのですが、釜だけは立派だったのです。ケーズデンキの店員さん一押しで、何も考えず買った割に、大変、美味しいお米が焚けました。

買ったのは15年以上前で、途中から蓋のバネが外れてしまい、蓋を開けても手で押さえていないと閉じてしまうようになりましたが、炊飯は全く問題無かったので、ご飯をよそう時はお茶碗の端で蓋を押し上げて凌いでおりました。まあ、それは慣れれば何て事無いです。でも最近は内釜のコーティングが剥がれてきて、茶色い鉄?があちこち顔を出してきてしまったので、さすがにもう無理かなぁと。

同じような後継機があれば、それを選ぶ所なのですが、似た仕様の物が無く、他のメーカーを検討しました。テレビでは、それはそれは黒々と立派な厚釜を宣伝していますが、近場のどこにもそんな高級炊飯器を置いていません。で、他の用事で新宿に行く機会があったので、ヨドバシカメラへ。ありました!ずっと探していた厚釜っ。やはり調理器具は手に取ってみてからでないと買えませんて。

大満足で帰ってきて、大体候補は絞られたので、ネットで仕様を細かく確認しました。ほぼ決まりかかっていた時に、念の為、読んでみたレビューで不穏な内容が。「内釜がすごく割れ易い。」えー!?マジですか?それは困ります。物はよく選んで長く使うのが信条なのですから。

ここまで来て、最初から選び直し。こうなると、あまり厚さにこだわらず、他に気になっていた釜のコーティングの強度を基準に選定しようと方針転換。内釜でお米を研ぐ習慣があるので、メーカーがそれをOKとしていて、且つ、なるべく保証の長い機種にしたい。調べたらこれに関しては傾向がはっきりしていて、自動的にメーカーが決まってしまいました。その中で妥協できるレベルの厚釜を選びました。大体、以前の半分ぐらいの厚さ。

近所でも、それに近い機種は置いていたので、釜の重さや塗装の色を確認し、ネット通販で購入。焚き加減が数種類から選べて、いろいろ試した結果、前のと似た炊き上がりメニューを見つけました。今度は圧力IHなので炊飯や保温中、音が少々うるさいですが、我慢我慢。

買った1週間後、家計簿を付けていた時に驚きました。現在の値段はどうなっているかなと価格.comを見直した所、売っているショップが2、3店しかありません。しかも、1万ぐらい高い。うちが買った時は一覧に20店舗ぐらい?はあって、幾つかあった最安値のショップの中から選べたのです。ちょうどメーカーが新機種を出した直後で、昨年発売された機種(うちが買った物)は値段が下がっていた時でした。価格推移グラフを見て、うわー危なかった、少し遅かったら買えなかった、と。底値で買えたので、めでたしめでたし。