珍客

ピーン、ポーン。はーい。ガチャッ。
宅配が届きました。先日、ネットで注文した日用品です。玄関でダンボール箱を開け、中身だけ部屋へ運び、箱は後で片付けようとそのままにしておきました。

部屋で爪など切っていると、少し離れた所から聞きなれない音がします。パサパサ、バサッ、パサ…。はて?さっきの箱に緩衝材の丸めた紙が入っていたから、それが膨張しているのだろうか?それにしては音が盛大な気が…。

ま、念の為、玄関へ。緩衝材は、特に箱から飛び出したりはしていません。他に変わった事は…と目を移して辺りを見回すと、どうも違和感が。壁の上のほうに、います;普段、家の中にはいないのが。

トンボ…ですね、どう見ても。赤くもなく、青くもなく、あまり色味のないトンボです。羽に黒いマークのようなのがある、ごく普通のです。うちは年中、窓を閉めっぱなしで、エアコンと除湿機で温湿度を調整しているので、入ってくる虫はせいぜい、小さな羽虫かクモぐらいなのですが。

いつ入ったんだろう?箱から出てきたなら開封した時に気付くはずだし、やっぱり宅配伝票にサインしている時だよねぇ;

とりあえず家の中にいるのは珍しいので、写真を撮ります。はい。10cmまで寄っても全く動きません。で、飼うつもりもないので、外へ逃がしたい。一応、トンボぐらいは素手で捕まえられるのですけど、変につまむと羽が傷みそうですね。

と、目に入ったのが先程、届いた箱の中。ちょうどいい所に大きな紙が。これで捕まえるとしますか。斜めにクルクル巻いて、メガホンのような円錐形にします。それをカパっとトンボの上から壁に被せます。予想ではそれに驚いたトンボが飛び立ち、筒の中に入る、はずだったのですが、この人、寝ているのでしょうか、写真を撮った時と同様、ピクリとも動きません。

えーっと、もしもし?横から覗きながら筒の先でちょいちょい、つついてみます。なんか面倒くさそうに少し移動するのですが、なかなか飛ばない、と思った矢先、飛んだ!あ、逃げた。筒と壁の隙間から出てしまいました。

その後、廊下をあちこち飛び回り、虫の習性か、照明器具に突進していったので、やっとそこで捕獲。今度は逃げないようにそっと玄関ドアから外へ。軽く筒をゆすってやると、地面に落ちる事もなく空中へ飛び立ち、見えなくなっていきました。やれやれ。